ヨーロッパでは医薬品として活躍するノコギリヤシ・ペポカボチャ

 

残尿感が膀胱に残る場合、それは前立腺肥大や膀胱炎を発症している可能性があります。突然の尿意や残尿感、膀胱の違和感は寝れない問題に繋がるので薬等を使用して治療する事が大切です。

 

ノコギリヤシやペポカボチャは、日本でサプリメントとして販売されていますが、ヨーロッパでは古くから薬として使用されています。また、民間でも治療に用いられているので、歴史と実績、そして信頼感がある二つの成分といえます。

 

残尿感や膀胱の違和感で寝れない時は、原因が前立腺肥大、あるいは膀胱炎によるものか確かめる事は大切です。しかし、軽度の残尿感であれば、医学的な治療をしなくても、ノコギリヤシとペポカボチャの力で回復出来る可能性があります。

 

男性に発症する前立腺の肥大は、膀胱炎に似た尿意や残尿感といった症状が発生します。

 

突然尿意が起こったり、一晩に何度もトイレに駆け込む事態になるので、グッスリと眠る事が出来ません。夜間だけではなく、昼間も耐えられない程の症状があれば、一日中仕事や生活に支障が発生します。

 

膀胱炎と併発していない場合は、サプリメントの効果に期待出来るので、ノコギリヤシとペポカボチャで治療が試せます。

 

寝れない事は、疲労回復が遅れるだけではなく、細胞の修復や入れ替わりを阻害する原因になります。少しでも早く、寝れない状態を改善したり、膀胱炎に似た違和感や尿意の症状を抑える必要があります。

 

即効性はありませんが、少しずつ体と患部に作用するので、少ない副作用で使える点が優れています。寝れない問題が解消するだけでも、膀胱炎やその他症状の改善に期待出来ます。

 

睡眠は、体の働きを正常にしたり、一日の活力を溜める時間なので、良く眠れる事が健康の前提になります。

 

その為には、眠りを阻害する残尿感を取り除き、寝れない体の問題を解決する事が再優先です。

 

まずは一週間服用を試して、少しでも変化が感じられた時は、1ヶ月から3ヶ月と長い期間で試す方法があります。

 

医療に期待する場合、即効性がある方法に期待しがちですが、直ぐに効く物は副作用の点で心配があります。

 

日本ではサプリメント、ヨーロッパでは医薬品のノコギリヤシとペポカボチャは、どちらも単独で効果を発揮しますが、二つを合わせれば相乗効果が発揮されます。

 

医者の中には、効果を認めている人もいるので、副作用が少なく民間的な側面から症状の改善が望めます。夜の症状に加えて、日頃のキレを取り戻せるので、排尿が気持良く行える様になります。

 

 

残尿感の悩みを解消するサプリはこちら >>