残尿感の原因・前立腺肥大症とは?

 

前立腺は男性にしかない生殖器の一部で、精子の一部を作り、保護する役割を担っています。前立腺の平均的な大きさはよく「クルミ程度の大きさ」と例えることがあります。

 

その前立腺が肥大してしまう病気があります。年齢とともにその確率は高くなり、80歳を超えると約9割の方に症状が表れます。そのすべてが治療が必要なほど深刻というわけではありませんが、誰にでもなる可能性があるものだと言えます。

 

実は前立腺肥大症の原因ははっきりと分かってはいないのが現状です。肥満や高血圧に加え、男性ホルモンの働きによるものと指摘されていますが、加齢とともに変わる体質の変化によるものが原因のひとつだと考えられています。

 

前立腺と排尿に関して密接な関係があるため、発症者が感じる主な症状に、排尿に関する異常、そのひとつに頻尿、夜間頻尿に加え、残尿感などがあります。

 

残尿感とは、排尿後にすっきりしない感じがあり、後から尿が漏れ出してくる場合もあります。そういった症状のため夜なかなか寝れないという方も多く、睡眠不足になってしまうと生活に支障を来してしまいます。

 

対策としては、医師による水分補給のしかたなどを含む生活指導を行う場合と、症状によっては投薬治療をすることもあります。

 

前立腺肥大症の治療に使われる薬物には、前立腺や尿道周辺の筋肉を緩めるよう働きかけ排尿を促す薬や、前立腺の肥大化の原因となる男性ホルモンの活性化を抑えるものなどがあります。

 

水分を大量に摂るのが良いとされる意見もありますが、それは前立腺肥大症の場合は当てはまりません。

 

残尿感の原因には細菌によるものがあり、細菌が膀胱に入り込み炎症を起こしている場合、大量な水分補給を行うことでそれを薄めることができます。

 

そうして徐々に細菌が体外へ流されるため、残尿感が改善するケースも、すべてではありませんがあります。前立腺肥大症の場合は原因が器官によるものなので、水分を多く摂取したところで症状が軽減されるわけではない、ということです。

 

自分で判断が難しい場合がありますので、まずは医師による診察が必須かと思われます。適切な診断とそれに対する治療を行うことで、前立腺肥大症による症状は改善することができます。投薬にて効果が得られない場合、もしくは合併症を伴っている場合には、手術を行うことがあります。

 

日常生活のなかで、残尿感や夜中に何度もトイレに起きるなど、なんとなく体の異常を感じた場合には早めに医師の診察を受けることが、最低限の処置で済ませるために必要なことかと思われます。

 

なお、医学的な治療をしなくても、ノコギリヤシとペポカボチャのサプリメントの力をかりれば軽度の残尿感の解消に期待ができます。

 

 

残尿感の悩みを解消するサプリはこちら >>