残尿感の原因・過活動膀胱炎とは?

 

寝る前にトイレに行って尿を出したのに何だかムズムズとして寝れない、何だか残尿感が有るからどうもムズムズした感じがする、そういう症状に悩まされている人は珍しくありません。

 

その原因の一つが過活動膀胱炎です。これは、頻尿など排尿に関する病気に関する新しい診断名の事で、残尿感を感じる時のムズムズする状態などがある場合は、この可能性が十分にあると考えられます。

 

過活動膀胱炎自体は命に係わる病気ではないのですが、トイレのタイミングをコントロールできなくなってしまうと、寝れないだけでなくせっかく寝ても寝ている最中に目が覚めてしまい、結果的に睡眠不足となってしまう場合も珍しくありません。従って放置しておく事は得策ではなく、まずは現時点で出来る対策を講じる事が重要です。

 

まず過活動膀胱炎を悪化させないための対策としては、病院に行って検査してもらう方法が良いでしょう。チェックシートに記入したり、超音波検査や内圧検査を行い、腹部の状態がどうなっているかを明らかにします。

 

ここで何らかの病気が明らかになった場合はその症状に合わせた治療を行う事になります。また、やはり過活動膀胱炎であると判断された場合は、それに合わせた治療を行うというのが一般的です。

 

過活動膀胱炎の治療法としては、薬物療法と行動療法の2つの軸で行う事になります。薬物を利用する方法は、膀胱の収縮を抑える事ができる様に鳴るので、必要以上にトイレに行きたい、尿を出したいと感じなくなります。

 

また行動療法の方は、生活習慣を整えたり、骨盤底筋を鍛えて尿を抑える事が自力で出来る様にする方法です。排尿中に自分の意思で尿の出を止める事ができない場合は、骨盤底筋が弱まっている場合もあるのでしっかりと鍛えておく必要があります。

 

 

とはいっても、尿に関する病気・症状と言うのはどうしても治さなければいけないという気持ちよりも、誰かに知られると恥ずかしいという気持ちの方が全面に出てきてしまってなかなか病院に行けない場合も少なくありません。

 

しかし実際には放置しておいたら治るという訳ではなく、次第に自分にとってのストレスともなり得るので、症状に気付いた場合は泌尿器科などに行って相談する事が対策としてはとても重要です。

 

実際に症状が出ていても病院に行っていないという人も含めると、実は過活動膀胱炎で悩んでいる人はそれ程珍しくはないと言っても過言ではありません。

 

病院でも簡単な検査で診断する事が可能なので、快適な眠りを手に入れる為にも残尿感でムズムズして眠れない時は病院で診てもらいましょう。

 

なお、医学的な治療をしなくても、ノコギリヤシとペポカボチャのサプリメントの力をかりれば軽度の残尿感の解消に期待ができます。

 

残尿感の悩みを解消するサプリはこちら >>